2007年10月28日

サイン・シャネル


昨日は台風で少しだけ授業が早く終わったので、クラスの女子で焼肉に行った。

みんな台風だとわくわくする体質みたい。あたしも。

安い食べ放題のとこに行ったけど、久しぶりに肉を食べたからかあんまりたくさん食べれなかったー。

お店を出たらすっかり台風は通り過ぎてたっぽい。




ついさっき、宇津木さんのブログを読んでたらまさに今のあたしも一緒!と思ってしまうことが書いてあった。

カール・ラガーフェルドのドキュメンタリーを観てのコメントなんだけど。
あー、これ載せちゃっていいのかなー、良くないかもしれないけど載せちゃおう。


「カールがものすごくわがままに見えるけど、
もの作りって、クリエーションってそうゆうものです。
イメージしたものを他人が形に作るとき、
その人が理解できてなかったり、技術がなかったり、というのもあるし、
実際作って観てみると、やっぱ違う、かわいくない。。
と思うこともあるし、でもチャレンジしないと新しいものは造れないし。
イメージや気持ちは日々動いて行くから、
すぐ見れないと、どうしたかったのかとか、
どうゆうイメージだったのかも忘れてしまうし・・・
観てて、ああ同じなんだなあ・・と安心もして。。」

以上、宇津木日記より一部抜粋です。


あたしは卒コレの製作を始めてから、自分がデザイナーとして他人ともの作りをしていくのがこんなに大変だとは思わなくて、なんか作業も人間関係もうまくいかないし、あたしなんかがものを作る仕事についても絶対やっていけないんじゃないかと一日置きくらいに思ってたけど、宇津木さんも、カールラガーフェルドも同じようなことで悩むことがあるのかぁと思って、驚き、安心した。

大変だし苦しいけど、「チャレンジしないと新しいものは造れない」んだよなぁ。
そして、チャレンジが成功するか失敗するかは一緒に作っていく相手と自分がどれだけ同じイメージを共有しているかどうかなんだ、きっと。

あたしも絶対「サイン・シャネル」観なければ。

posted by みほこ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

審査会おわり。


昨日、一昨日で卒コレの二次模擬審査会が終わった。
作業が間に合わず、この2、3日は人生最大のピンチを迎えていました。

毎回毎回人生最大のピンチが更新されていくのは、大袈裟に言ってるのではなく、事実だ。

プレゼンの結果は、まぁ言うまでもなく良くはなかったけど。
でも一応目標の5体は見せることができたから、いいことにしよう。

いつも「デザイン画は」素晴らしいと言われるので(つまり、何でデザイン画通りに作れないの?ってこと。)いっそのことイラストレーターとかにでもなっちゃおうかなーなんて。

それは嘘だけど。デザイン画だけならどうにでも描けるのにー。




で、昨日の夜はまた打ち上げ的な飲み。

このまえ超恥ずかしい思いをしたけど、今回は記憶を無くすこともなく、おとなしく飲んだ。

一杯目のビールが死ぬほど美味しかった。

なぜか最近になって総合科のみんなが仲良くなって楽しい。
11月の行事としてスケートに行こうって話。楽しみ。




帰り、途中まで一緒に帰ってもらってあたしはすごく嬉しかった。
今日授業がなかったら、もうちょっと一緒にいようよー、って言えたのに。
でもあたしは超えらいから授業が一番大事なんだ。



とゆーことでこれから学校に行ってきます。

posted by みほこ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

funnnnnnny


やっぱり髪型が気に入らないので、ずっとニット帽をかぶる。

でも学校で帽子を取ったら意外と評判が良く、少し複雑な気分になった。




卒コレは今週の木・金にまた審査会があって、それがけっこう重要な評価の対象になるから今みんな必死にトワルを縫っている。

先生たちにめいっぱいダメ出しされて相当自信がないものが何体か。
さらに、まだ形すら見えないものが何アイテムか。
やーばーいー。
卒業、したい。

もうあたしの服を褒めてくれた人全員抱きしめたい気分。
おもしろかっこかわいいって言って着たりかぶったりしてくれた人全員キスしたい気分。

そうそう。
あたしのコレクションはとっても変です。
形容するなら「funny」が一番近いかな。
本気でふざけるのって、本気で真面目なことするよりもずっと難しい。

おもしろくてかっこよくてかわいくてちょっとエロい服、一回みたら忘れないような服作ってやる。

posted by みほこ at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

博愛とゆうこと


『中村語録』を読む。

『中村語録』とは、中村一義に多大な影響を与えた、今は亡きおじいちゃん、中村二郎さんのお話と、中村一義、二郎さん、安子さん(おばあちゃん)の三人の対談で構成された、2001年の博愛博ツアーで販売されていた本。

ずっと読みたかったのがつい最近再版されて、公式サイトの通販で限定発売してたの。今日、届いた。



すごくパーソナルな本だけど、これは音楽を愛するすべての人に、いや、日本に生きるすべての人に読んでもらいたいくらいありがたいお話だった。
愛について教えてもらった。

二郎さんが若い人に向けて語り掛けてくれてるから、ほんとに、みんな読んだらいいと思う。

背筋を伸ばして愛を求めに行こうって思うよ。



あたしが愛と向き合ったところで社会が少しでも変わるわけではないだろうけど、人間の社会において愛が一番価値のあるものだとしたら、ほんのちょっとでもそれを増やすことはけっこう意味のある事かもしれない。

あたしは、愛は愛によってのみ増やせるものだと思うから。

posted by みほこ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

最悪。


某サロンでカットとカラーのモデルをした。
撮影用だったんだけど、なんか超不思議な髪型になった。ぶっちゃけ、さっきまでの伸びきったぼさぼさの頭の方がずっと好きだ。
撮影のモデルなんてもう絶っっっ対やらない。


このごろ寝る時間が12時〜3時くらいになってる。しかも床で寝ちゃう。
これがあと4ヶ月も続くかと思うと、考えただけで病む。

でも、つらいけど今、学校が楽しい。友達増えたから。
おもしろくて素敵な人ばっかりだな、と思う。仲良くしたい人ばっかり。


なんか最近、頭のなかキラキラとドロドロで、一人で家にいると淋しくて死にそうだ。秋だからなぁ。


不安のない安心は嫌い。
不安を消さなくても安心を感じられる人が好き。そのほうがずっと続く感じがするから。
そのひねくれてる部分とか、わかってほしいんだけど。
好きな人にちゃんと好きになってもらうにはどうしたらいいんだろう。
何回繰り返してもわからない。


ってゆーかそんなこと考えてる暇ないのに。
ほんとに卒コレやばいのに。
もう泣きたい。

posted by みほこ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

男女の優しさについての考察


何で男の子ってあんなに優しいんだろう。

これずっと昔から思ってたことなんだけど、女より男の方が100倍くらい優しい生き物だと思う。

そしてすべての女の子はそれに気付くべきだと思う。

posted by みほこ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

なんだか気分が良い日


ジャンプで、HUNTER×HUNTERの連載が再開したことを知り、さらに単行本の24巻が発売されたと知り、本屋に駆け込んだ。

あーーーやっぱ面白い。

あたしは活字中毒だけど、漫画もおなじくらい好きだ。
21世紀少年の下巻も早く読まないとなぁ。

うちは兄弟3人で漫画を手分けして買えるから、そーゆう時、兄弟がいてよかったーと思う。
ちなみに父も漫画好きである。

誰か、お薦めの漫画があったら教えてください。




トワル組みをしながら久しぶりに東京事変を聴いてたら(新しいアルバム、すごく良さそうなんだけどお金なくて買えないんだよなぁ。。)無性に楽器を演奏したくなって、困った。

うちにはあいにくギターしかなくて、でもギターじゃなくって、ピアノとかサックスとかクラリネットが演奏したかった。

近くに楽器屋があったら間違いなく駆け込んでた!

卒コレ終わって時間ができたらキーボード買おうかな。




今日はすごく作業がはかどっていて調子がいい。
このまえ喧嘩してすっきりしたからかもね。
喧嘩じゃなくてあたしが一方的に怒っていたとも言われてるけど。気にしない。

ついさっき、非常に複雑且つ大胆なパターンを引きおわってこれから組んでみるところ。

一部は立体裁断しながら組んでいこうと思うけど、この作業はまさに初期衝動であり、一番テンションが上がる。

修正して両身で縫うところまで、今日はできそうな気がする。
でも明日先生に見せたら全部ボツになる気もする(笑)

posted by みほこ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

Clear the head...


今日ひとつ、大きな問題をすっきりさせた。

あぁ。この歳になってまで先生に喧嘩の仲裁をしてもらうとは。

前からそうだけど、なんだか22歳になってからのあたしは特に感情的で、幼稚だ。

でもそれは、分かってほしいことや伝えたいことがありすぎるだけなんだ。

まだいろんなことがうまくできない。助けてもらわないと、うまくできない。

posted by みほこ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

季節は


秋だ。

あたしは去年の、全てが愛しかった季節を思い出し、どうか今年も同じように美しく、ほんの少し切なくあるようにと思いを馳せるのだ。

posted by みほこ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

メランコリアから慈雨へ


この一週間で9冊の小説を読んだ。
初めて読んだものも、二回目に読んだものも、何回も読んでいるものもあった。

ほとんどがそれほど長い物語ではなかったことと、あたしの文章を読むスピードが相当早いということをもっても、一日に一冊以上本を読んでいるのは少し異常だ。

たぶん、学校にいる時間と家で作業をしている時間以外の(ほとんど)すべての時間、本を手にしていたのだと思う。
電車の中はもちろん、お風呂の中でも、パスタを茹でている間も。考え事をしている間でさえも。

もういい加減止めなくちゃ。すでにいろいろな所に支障が出まくっているから。

正しい読書の仕方を、誰か教えてほしい。



「文脈の中で生き続けることはできない」けど、それができたらどんなに幸せなことだろうかと時々思う。

一番幸せだと思うのは、大切な人が自分に宛てて書いた文章の、自分についてのことが書いてある文脈の隙間で、暖かい毛布にくるまって過ごすこと。

もしそんなことができるなら、一生そこに閉じ込められてもいい。

posted by みほこ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。